日焼けでイボができてしまうのはどうして?

日焼けするとイボができるとも言われていますが、これは本当なのでしょうか?

 

ここでは、日焼けでイボができてしまう原因についてご紹介していきます。
ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

日焼けによるイボは老人性イボ

 

日焼けでイボができてしまった場合、正式には「老人性イボ」といっています。
皮膚の老化現象の一つなので、高齢者の人に多く見られます。
「老人性イボ」という名前を聞いて、自分はまだそんな年ではないと油断してしまう人もいますが、名前は確かに「老人性」とあっても、若い時できてしまうものもあります。
早ければ20代でできてしまう人もいるのです。

 

場所は首などにできやすいですが、その他にも顔や頭、背中や胸元、手の甲など、様々な場所にできます。イボの大きさは直径1〜2ミリくらいのものが多いですが、加齢と共に大きくなるので、直径2センチくらいになる事もあります。

 

老人性イボはウィルス性のイボとは違って人にうつる事もないので、放置していても全く問題ありません。
しかし老人性イボに見えても、実は皮膚がんだったというケースもあるので、念のため皮膚科を受診し、医師に判断してもらうといいでしょう。

 

日焼けによってイボができる原因とは

 

日焼けによってイボができてしまうのは、紫外線ダメージの場合がほとんどです。
老人性イボは首にできやすいですが、紫外線が当たりやすく、日焼けもしやすいです。
顔はしっかり日焼け止めを塗っていても、首は塗っていない場合も多いですよね。

 

お肌は年齢が進むにつれて代謝も衰えてきてしまうので、紫外線を浴び続けることによってどうしても衰えてきてしまいます。

 

古くなった角質が排除されず、皮膚の表面でかたくなってイボ化してしまうのです。
紫外線以外にも、遺伝的に老人性イボが出やすい人もいます。

 

日焼けによってイボができてしまった時の注意点

 

日焼けによって老人性イボができてしまった時は、皮膚科で治療してもらうのがいいでしょう。これが一番確実な方法です。

 

液体窒素を使ってイボを凍らせる治療法や、レーザーでイボを蒸散させる方法、電気メスでイボを切断する方法もあります。
レーザーを使うものは保険適用外となる場合が多いので費用がかかりますが、それ以外は保険適応されます。しかし美容目的と判断された場合には保険適用外です。

 

老人性イボを予防するためにも、できる限り紫外線を浴びないようにしましょう。
特に顔以外で肌が出ている首や胸元、手の甲などは紫外線対策できていない人がほとんどなので、このような顔以外の部分にも日焼けクリームを塗って紫外線対策してみるといいでしょう。