日焼けしても綺麗な肌を維持したい時

日焼けしないように美白維持したいという人も多いですが、あえて焼きたいという人もいます。
しかし日焼けは肌にダメージを与えることになるので、きちんとケアしてダメージを最小限にしておきたいですよね。

 

紫外線で肌へ刺激を与えてしまうことにより、メラニン色素は増えて黒くなってしまいます。日焼けしたいのであれば別ですが、美白肌を維持したいのであれば、やはり日焼け防止対策は必須です。
しかし日焼けをあえてしたい場合には、できる限り「ダメージを防ぎたい」という気持ちで取り組みましょう。

 

日焼け前後は肌ケアをしっかりする

 

日焼け止めクリームを塗る時、素肌にそのまま塗ってしまうと肌ダメージが大きくなってしまいます。このため、トラブルも発生してしまいがちです。
しかし保湿クリームをきちんと塗り、肌を守ってから日焼け止めクリームを塗ると効果的に肌ケアできるでしょう。

 

焼いた後に日焼け止めクリームを落とすには、低刺激性の石鹸で洗い流すのがオススメです。そして再び保湿クリームを塗って肌を保護しましょう。

 

こうしないと、ただでさえ日焼けダメージを負った肌にさらに刺激を与えてしまうことになります。
このため、必ず意識して行うといいでしょう。

 

日焼けしたい時でも一日にあたる時間を3時間以内に

 

最近は美白ブームですが、女性や男性の中には、日焼けして黒くしたいという人もいます。
黒い方がかっこよく見える、可愛く見えるからでしょう。
ただし一気に日焼けしようとするのはまずいです。
一日で焼こうとするのではなく、最初は数分程度にしておき、少しずつ3時間程度にしておくといいでしょう。

 

肌ダメージが大きくなりすぎて、それに耐えられずに火傷がひどい状態になってしまいます。

 

こうなるともう日焼けどころではありません!
面倒であっても、必ず3時間程度を意識してみましょうね。