日光アレルギーになりやすい人の日焼け止めクリームの選び方

日光を浴びてから何だか皮膚の調子が悪いという時、ありませんでしたか?
昨日まではなんともなかったのに、突然紫外線を浴びた部分だけに炎症が起きてしまった、コスメをつけるとヒリヒリするなどの症状があったら、日光アレルギーかもしれません!
「日焼け」はよく聞きますが、日光アレルギーというのもあるのですね!

 

そこで今回は、この日光アレルギーについて症状や原因、対策法についてご紹介していきます。
ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

どうして日光アレルギーになっちゃうの?

 

・ビタミン・ミネラル不足
・病気
・ストレス
・食生活の乱れ
・ペラグラ
・冷え性
・ダイエット
・アレルギー体質
・先天性
・代謝異常
・免疫機能の異常
・アルコール性肝炎

 

日光アレルギーになった時の症状って?

 

日光アレルギーになってしまうと以下のような症状が出てきます。
・顔が腫れる
・肌が腫れる
・かぶれる
・かゆくなる
・湿疹
・水ぶくれのようになる
・肌が赤くなる
・肌がかゆくなる
・じんましん

 

顔だけでなく、腕や足にも出る場合があります。

 

日焼け止めで対策

 

日光アレルギーが出ないようにするには、帽子をかぶる、日傘をさして太陽光をカットするのもいいですが、日傘をさすのが面倒という方は、日焼け止めクリームを塗ると効果的です。

 

ただし、日焼け止めクリームの選び方を一歩間違えてしまうと、日焼けのせいでかぶれや赤みなどアレルギー症状のようなものが出てしまう恐れがあります。
肌への負担を軽減させたいのであれば、日焼けクリームの中でも紫外線散乱剤が含まれているものがオススメです。
紫外線散乱剤は肌の表面で紫外線を反射し、紫外線の肌への影響を防いでくれるでしょう。
紫外線散乱剤は紫外線吸収剤とは違って化学反応がないので、肌への負担も極めて少ないです。

 

ただし塗り心地がベタっとするのと、汗に弱いのとで、塗り直しが必要になる場合もあます。
また、白浮きしてしまう事も多いですが、最近のものは粒子が細かくなってきたので、白浮きしにくいタイプも登場してきていまうs。