冬でも日焼け止めクリームはマスト!そのワケとは?

美白肌をキープしたいのであれば、冬でも日焼け止めは必須でしょう。
日焼け止めというと夏に必要なイメージですが、冬にも塗っておくべきです。
恐らくほとんどの女性が夏には日焼け止めをしっかり塗ってから外出しているはずです。

 

しかし最近では、冬でも紫外線防止のために日焼け止めを塗って肌を保護する人が増えてきています。美白肌を維持したいと願う美意識高い女性であれば、冬の日焼け対策も徹底しておきたいものです。

 

どうして冬でも日焼け止めが必要なの?

 

日焼け原因となる紫外線が含まれた太陽光は、冬でも降り注いでいます。
確かに夏よりも紫外線量は多くありませんが、寒い冬にあっても、太陽の日差しを感じられるくらい温かな日もありますよね。

 

時には春の陽気となって昼間は汗ばむ時だってあります。
このような時、つい油断して太陽光のもと、心地よく日向ぼっこしてしまう人も多いのではないでしょうか?
しかしそんな時にも、太陽に含まれた紫外線は私たちの皮膚に侵入してきています!

 

いくら夏よりも日差しが弱いとはいえ、紫外線をたくさん含んだ太陽光を冬の間むやみに浴び続けていると、日焼けによるそばかすやシミの原因にもなりかねかせん。
だからこそ、日焼けによるシミやソバカス原因を遮断するためにも、紫外線対策をしっかりしていく必要があるのですね。

 

日焼け止めの基本とも言えるSPFやPAを理解しておけば、冬に利用すべき日焼け止めを選べます。

 

冬に使う日焼け止め選びには2つポイントがあるので、以下の点に気をつけて選ぶようにしましょう。

 

・保湿成分が含まれたものを選ぶ
保湿成分が含まれたものを使いましょう。冬は空気が乾燥しがちなので、日焼け止めクリームを塗ってファンデーションなど粉を乗せると化粧崩れの原因になります。

 

・SPF、PA数値が小さいものを選ぶ
数値が大きければそれだけ紫外線ガードの力も強くなりますが、肌への刺激はそれだけ強くなってしまいます。
季節に応じて、数値を調節してみてくださいね!