アトピーの人は日焼けしやすい?

アトピー体質の人や日焼けによってかぶれや赤みが出やすいと言われています。特に夏になるとアトピーの人は日焼けしやすくなってしまいます。

 

どうしてアトピーの人は日焼けしやすいの?

 

アトピーの人はもともと皮膚のバリア機能が弱いために、アトピーになりやすいです。
普通の人より肌のバリア機能が弱いので、他の人よりどうしても日焼けを起こしやすくなってしまうのです。アトピーの人が日光に当たると、すぐに顔が赤くなってしまい、炎症を起こしたかのようになってしまいますよね…。

 

日焼けで肌荒れを起こしてしまう原因の一つに「紫外線ダメージ」がありますが、アトピー体質の人は皮膚のバリア機能が弱い事で紫外線ダメージを受けやすく、結果的に肌荒れを起こしてしまうのです。

 

ちなみに乾燥が強ければ強い程、紫外線を受けるダメージも強くなってしまうので、アトピーによる乾燥もどうしても進んでしまいます。

 

乾燥対策をする

 

アトピーであることで日焼けしやすくなってしまうのであれば、きちんと乾燥対策しなければなりません。
肌をしっかり保湿しておけば、日焼けによるアトピーの悪化も防ぐことができますが、どの保湿剤を選んでもいいというわけではありませんよね。

 

日焼けによるアトピー悪化を防ぐには、皮膚の表面にバリアを張ってくれる保湿剤を使うのがいいでしょう。ワセリンなど油分の多い保湿剤がこれにあたります。

 

終わりに…

 

アトピーの方は、お肌が超敏感といっても過言ではありません。
そのため、肌に合う・合わない派どうしても出てきてしまいます。

 

どんなに評判のいい日焼け止めであっても、アトピー体質の方の皮膚には合わないといった事も十分あり得ます。

 

しかし、できる限りたくさん肌に優しい