色白の人が日焼けダメージを受けやすいのはなぜ?

最近は色白ブームになっていて、白い人の方が綺麗に見えてモテます。
ただし色白だからこそ、日焼けによる炎症を起こしやすいのもまた事実です。
色白の人は透明感があって華がありますが、日焼けしたらすぐに赤くなってしまうのがネックに感じる人もいるでしょう。
色白の人は地黒の人とは違って、日焼けしても黒くならず、真っ赤になってそのまま元通りに治っていきます。

 

色白の人はメラニン

 

色白の人は、日焼けした時にとても赤くなってしまいがちです。
時には物凄く真っ赤になってしまう事もありますよね。メラニンの量で日焼け後の色も反応も変わってきてしまいます。メラニン量が多ければそれだけ色黒になってきてしまい、少なければそれだけ色白になります。
このため、メラニンは少ない方がいいように見えますが、案外そうではありません。メラニンが紫外線を吸収してくれないので、シミやしわになりやすいです。

 

色白の人は20代からシミやしわが気になり始める人が多いです。反対に色黒の人は年齢を重ねた人でも、しわやシミがなく、いつまでもお肌が綺麗な人が多いでしょう。

 

若いのにしわやシミが目立ってしまうのは、色白で紫外線の影響を受けやすいからでもあります。また、色が白いからこそ、くすみやシミが目立ってしまうという事もあるでしょうね。

 

終わりに…

 

いかがでしたか?

 

色白の人は肌が黒くならないからという理由で放置するのではなく、若い頃から適切な紫外線対策をしておくといいでしょう。美白ケアを意識して日々過ごしてみてください。
正しく日焼け対策する事によって、肌へのダメージを抑えるようにしましょう。

 

肌が黒くなってしまったら諦めるというのでも駄目です。もしも日焼けで黒くなってしまった肌でも、日常で肌ケアする事によって色白美肌にする事ができるでしょう。