秋にも日焼け対策をしっかりしよう!

秋だからといって、日焼け対策に手を抜いてしまっていませんか?
残暑が終わり、秋が深まってくると暑くも寒くもない快適な気候になります。涼しくなるとつい気が緩んでしまい、日焼け対策を怠ってしまう人もいるのではないでしょうか?
しかし夏が終わっても日焼け対策は必要です!
また、保湿対策も大事です。

 

秋でもUV-Aは出ている!しっかり対策しておこう

 

肌のハリが低下してしまう、シワの原因になると言われていますが、これは「UV-A」と呼ばれるものです。この量は夏にピークとなり、その次は春となります。

 

夏にはしっかり日焼け止めを塗っているという人でも、秋から春にかけても日焼け対策しておかなければなりません。
秋冬になっても紫外線量を甘くみずに、日々のUVケアをしっかりしていきましょう。秋は夏よりも日照り時間も長いので、日差しが夏のように真上からではなくななめ上から降り注いできます。

 

このため、たとえ日傘や帽子を使っていても、顔への日差しはなかなかカバーしきれません。外出中にも使えるBBクリームや下地や、顔用の日焼け止めをスキンケアやヘアメイクの一つとして携帯しておきましょう。

 

日焼けすると乾燥しやすくなる

 

秋・冬と言えば、乾燥が気になってくる季節です。このシーズンは保湿ケアに力を入れる女性も多いはずです。夏の湿気がだんだん減ってきて、乾燥が気になってくる秋に紫外線を浴びてしまうと、乾燥にさらに拍車がかかってしまいます。

 

実は紫外線を浴びると、およそ3倍も乾燥しやすくなるというデータがあります。
秋でも日焼け止めを使いましょう。できれば保湿成分が入った日焼け止めがいいです。また、日焼け止めだけでなく、化粧下地にも保湿成分配合のものを使うといいでしょう。