日焼けで顔が赤い場合はどうする?

日焼けで赤みが出てしまうととても恥ずかしいですよね。
顔が赤い時の対処はどうすればいいのでしょうか?

 

日焼けで赤みが出る人の多くが、黒くならず痛みが出てしまう傾向にあります。
日焼けによって赤くなってしまう原因は「火傷」ですが、鼻や顔に赤みが出た時には、どのような対策をするのがいいのでしょうか?

 

まずは炎症を抑えることが大切!

 

日焼けで赤みが出る原因の一つが「火傷」です。
しかし黒くならない人や日焼け後のケアを適切に行う必要があります。赤いのがなかなかひかない人や、適切な処理ができていない場合も考えられます。

 

日焼けで赤くなってしまったなら、それは肌が「炎症を起こしている」事になるので、炎症を抑えることを第一に考えましょう。

 

冷たいものを赤いところにあてる

 

濡れタオルや氷水、冷水シャワーなどを赤い部分にあてましょう。
触っても熱を感じなくなるまで、徹底的に冷ますのがコツです。ただし、感覚が麻痺するほど冷やしてしまうのはよくありません。冷たすぎるのも刺激が強いので気をつけましょうね。

 

冷ました後は保湿対策

 

熱がひいたらお次は化粧水でしっかり保湿していきます。
一度熱がひいたとしても、お風呂に入る、着替えるなどすると再び熱を含んでしまうことがあるので、熱を感じるたびに、しっかり冷やして保湿してあげましょうね!

 

鼻が赤くなりやすい!

 

顔はただでさえ日焼けの影響を受けやすい部分です。
どうして顔の中でも一番「鼻」が赤くなりやすいのかというと、やはり顔の中でも他の部分より高さがあるからでしょう。
鼻は「Tゾーン」と呼ばれているところで、皮脂分泌が非常に活発です。
お肌が赤くなってしまう日焼けでは、赤みがおさまったら皮がむけてきます。
しかしここで皮をむかないようにしましょうね。