日焼け防止!サプリランキング〜紫外線恐くない〜

日焼けのメカニズム

 

少し難しいかもしれませんが、まず知っていてもらいたいのは皮膚の仕組みです。皮膚というのは身体の一番外側の部位であり表面を表皮、そして深部を真皮、さらに深く行くと皮下組織となり、この3層で成り立っています。この3層の中で表皮が紫外線だったり化学物質だったり有害な刺激から保護している部位となっています。この表皮に関してですが、更に詳しく言うと角質層、顆粒層、有蕀層、基底層の4層で出来ており、この表皮細胞というのは基底層で生成されて有蕀層、顆粒層、角質層へとターンオーバーによって押し上げられ、最終的には角質層からアカになって剥がれます。基本的にこのターンオーバーというのは一般的には28日周期で繰り返されているとされています。もちろん個人差や年齢によって違いが出てくるということも頭に入れておきましょう。では日焼けに関してですが、まず基底層の基底細胞にはメラノサイトによって生成されたメラニン色素がありますが、これが日焼けと大きく関係しています。

 

日焼けの原因が紫外線というのは理解していると思いますが、具体的な仕組みとしてはまず皮膚が紫外線を浴びる事で角質層が紫外線を反射し、体内に入む量を最小限に抑えようとします。その中でくぐりぬけて入ってきた紫外線はメラノサイトがメラニン色素を作り出し、そのメラニン色素が紫外線を吸収して真皮へ進入しないようにします。紫外線の量が多いと、当然真皮に進入させないようにメラニン色素を過剰に生成しますが、それが皮膚内に沈着して肌の色が黒くなっていきます。これが日焼けで黒くなるまでの流れになります。メラニン色素がシミなどの原因になりますが、真皮に進入させないように紫外線から肌を守っているものであるということを覚えておきましょう。

 

日焼けがもたらす危険な症状

 

日焼けをすることで引き起こされる病気というと皮膚癌ではないでしょうか。もちろん全員が全員なるというわけではありませんが皮膚癌のリスクというのは高くなります。紫外線というのはビタミンDを体内で合成するという働きもありますので、人体にとってまったく不必要なものではありませんが、ただごく僅かな紫外線で合成できますので、紫外線量が多すぎると遺伝子を損傷させて皮膚癌のリスクが増えてしまいます。また、皮膚癌だけではなく白内障であったり、免疫力が低下してあらゆる病気を引き起こしてしまう可能性があります。

 

基本的には新陳代謝によって損傷が起こっても修復されますが、急激な日焼け、老化による代謝の低下などで修復昨日が追いつかないと危険性は高まるでしょう。さらに女性にとっては皮膚癌だけではなく、日焼けによって肌に悪い影響を及ぼす事があります。シミやそばかすは紫外線が原因になって出来ますので、やはり日焼けをすることでのデメリットの方が多くなるでしょう。もちろん若い方なら日焼けしても新陳代謝、つまりターンオーバーによって綺麗に剥がれて元の肌に戻ることは多いですが、年齢を重ねるとターンオーバーの周期が長くなることによってどうしてもシミが出来やすくなります。一度シミなどが出来てしまうとどうしても治るのに時間がかかってしまいますので、出来るだけシミが出来ないように日頃から紫外線対策や、その後のケアをしっかりとすることが大切になります。

 

日焼けの対処法

 

サンバーンによって皮膚が赤く日焼けしてしまった場合、それは火傷している状態になりますので、皮膚科に行くほどのことではありませんが自分で多少の手当てをしておく必要があります。ただ、もちろん酷すぎる場合に関しては皮膚科に行くことをオススメしますので、そこはしっかりと自分で判断しましょう。では、自分で出来る対処法に関してですが、日焼けで炎症を起こしてしまったらまず冷やしてください。冷たい水にタオルなどを浸してヒリヒリとした感じがなくなるまで冷やし続けます。また、この際に冷たすぎると逆に凍傷になってしまう恐れがありますので気をつけてください。

 

しっかりと冷やしたら、低刺激の基礎化粧品で水分補給をして保湿しましょう。保湿の方法としては化粧水をしっかりとつけて水分補給と整肌をして、乳液や美容液によって潤いを与えてください。美容液に関してはコットンなどにしっかりと含ませて日焼けした部位に10分くらい置いておくと効果的です。その後は状態によって判断してもらいたいのですが、もし足りないというのであれば保湿クリームを塗ってください。
サンバーンが落ち着いたら3日から4日程で皮が剥け始めますが、その際に無理に剥がす事でムラになりますので自然に剥がれるのを待ちましょう。

 

また、ケアをすればいいと思われがちですが、肌を焼きすぎてしまうと皮膚の修正リズムが放火してしまって皮膚癌になってしまう危険性もありますので、過度の日焼けはオススメできません。このことをしっかりと頭に入れて日焼けをしっかりと対処することをオススメします。

 

日焼け対策に良い栄養

 

紫外線によって出来たダメージを回復させて、日焼けした肌を白く維持したい、またシミを防ぎたいと思っている方は女性を中心に非常に多いと思います。外出の際に日焼け止めや日傘などあらゆる紫外線対策をしていても焼けてしまうことはありますので、内側からの対策も覚えておきましょう。日焼けに効果がある栄養素を知っておけば身体の内側から日焼けを防いだり改善したりすることができます。

 

では早速日焼けを改善や予防したりする栄養素に関してですが、対策としてまず挙げられるのがビタミンCです。ビタミンCは肌のダメージの修復によってシミを防ぐという効果があり、さらにメラニン色素の増加を抑えることで肌が黒くなるのを防ぎます。また摂取方法としては毎日こまめに摂取する必要があります。理由は体内に必要な量以外のビタミンCというのは毎日排泄されるからです。ただ、毎日食事から摂取するのは難しいのでサプリメントを利用して摂取することをオススメします。

 

ちなみにビタミンCのことを調べると紫外線を吸収しやすいというようなものもありますが、これはビタミンCではなく、ビタミンCが含まれているレモンなどに含まれるソラレンという成分によるものです。ビタミンCにはシミを防ぐ効果がありますが、レモンなどでビタミンCを摂取しようとするとソラレンという成分によって紫外線を吸収しやすくなります。ですので、ビタミンCを摂取する場合はソラレンが含まれていない食品を摂取するのはもちろんですが、そもそも毎日一日に必要なビタミンCを食品で摂取するということは難しいのでサプリメントなどを利用することをオススメします。

 

日焼け止めグッズ以外の日焼け対策

 

紫外線がどれだけ有害なのかというのは理解が広まってきていますが、それによって紫外線対策をするという方も増えてきています。今では赤ちゃんの頃から紫外線対策をすることが重要とされており赤ちゃん用の日焼け止めなども販売されています。ただ、日焼け止め以外にも紫外線を防ぐ対策方法がありますので覚えておきましょう。

 

まず身につけるグッズとしては、身近なものでいうとサングラスになります。今ではUVカットのサングラスも多く赤ちゃん用のものも販売されています。更に帽子や服、日傘などもUVカットの商品が増えてきており、さらにオシャレなものも増えてきているので、積極的に身につけるといいでしょう。そして車の運転や自転車に乗る際にはアームカバーもいいです。デザインや素材も多様化しており、暑い日でもメッシュのものなどを使用するといいでしょう。またあまり知られていませんがネックカバーやストールなどもあります。

 

それ以外のものでいうと、車や家の窓に貼るUVカットフィルムだったり、服や帽子などに降るUVカットスプレー、またカーテンもUVカットのものがありますので、家にいるときも紫外線をきにするようにしましょう。いくら紫外線対策をしても、やはり蓄積されて肌の老化に繋がることは避けられませんので、それを少しでも遅らせるためにも、日常的に紫外線を気にする生活をしましょう。若いときから日焼けしてたけど大丈夫なんて思っていてもやはり加齢によって肌の状態も変わってきますので、若い頃と同じように対策するのではなく、年齢に応じてきちんと紫外線の対策を行うということが非常に大事になります。

更新履歴